猫プリン

ハンドメイドと猫とカフェ

猫のワクチン、エイズ、白血病検査してきました。

先週、動物病院でイソロクの

ワクチン接種、猫エイズ白血病検査、蚤回虫駆虫して頂きました!

 

エイズ白血病検査については

保護主さんからはイソロクの兄弟の1匹を検査した時に陰性だったので

イソロクも大丈夫でしょうとお話しは聞いていたのですが

やっぱりイソロク単体のちゃんとした結果を聞かないとどこか不安でした。

 

私はエイズよりも

致死率100%の白血病の結果を知りたかったのです。

 

エイズに万が一感染していも、発症しない子もいるし

実家でも20歳の長生きエイズの猫ちゃんを飼っていましてその子は

発症もせず今でもピンピンしています。

 

でも白血病

感染していたら間違いなく発症して死に至るし

感染力が強く、他の猫に簡単に移ります。

 

獣医さん曰く

子猫だったらかなり短命だそうです。

 

もしすでに多頭飼いしていたら、、想像するだけでも恐ろしい。

 

こげのペットロスから少しずつ立ち直って来ている所に

イソロクが白血病だったら、、、

数か月後にまた看取るなんて精神的にとても耐えられそうにない。

旦那も怖くて知りたくないかも、ととても悩んでいました。

 

私も同じ気持ちであったのだけど、やはりモヤモヤしたまま飼うよりも

陰性で安心したいと気持ちも半分ありました。

 

旦那と私で、検査するしない議論を病院の受付でしばし

していたら

スタッフさんが 「どうします?やめておきますか?」と

心配して下さいました。

 

怖いけど、、、やっぱり陰性とハッキリさせて安心したい私。

陽性だったら、、その時が来るのを覚悟して治療するしかないけど

イソロクは子猫だし、すでに5キロ近くあり 丸々と太っていて

健康体そのもの。

陰性要因の方が沢山あったので

ここは思い切って 陰性に賭けて検査をする事にしました。

 

 

採血してしばらく待つことに。いつもより長く感じる待合室。。。

 

f:id:koge0211:20161125001655g:plain

15分ほど待って結果が出てきました。

 

結果はどちらも陰性!!

 

わーーい!!!😃 ホッと一安心。

これで10年、20年、イソロクと一緒にいられる。

こんなに安堵して嬉しい気持ちは久しぶりなような気がしました。

 

 

病院が終わり

家に着いた頃、イソロクはワクチンの副作用でグッタリ状態でした。

f:id:koge0211:20161119212316j:plain

ワクチンってだるいんだよね。分かるよ、、辛いよね。

 

大好きなご飯を見せても、普段は走って飛んでくるのに

今日はただ遠くからぼんやり見てるだけ。

やんちゃで食いしん坊のイソロクはどこへやら。

 

1日こんな具合でしたが、翌日には見事復活し

ゴミ箱あさったり、餌が入ってる引き出しを引っ張ったりと

色々ないたずらが復活していました。

 

やっぱりイソロクは食いしん坊でなくっちゃね(*^ ^*)

 

ついでにペット保険も加入しました。

こげの時は入っていなくて、治療期間が2年半、高額な治療費となりましたので

今回は小さいうちに入ることにきめました。

 

そのお話しはまた次回にしたいと思います。

 

 

 

koge0211.hatenablog.com

 

 

koge0211.hatenablog.com

 

 

保存

保存

保存

保存